2018年3月15日木曜日

鹿屋ハートセンターにおける抗凝固療法(2018年2月) 事務職員が私のこの分野に対する関心を忖度してデータを持ってきてくれました。

図1 鹿屋ハートセンターでの抗凝固療法 人数
 2012年2月に鹿屋ハートセンターで心房細動患者に対して抗凝固療法を行っている方は240名でした。すべてワーファリンです。その後、この240名の経過をフォローしています。合わせて、処方内容の変化を見るために毎年、処方人数、処方割合をチェックしています。

最初の240名から亡くなられたり、通院されなくなったりで残っている方は少なくなりました。一方、新たに抗凝固療法を始めた方もおられます。

2018年2月の時点で当院で抗凝固療法を行っている方は291名でした。

図2 鹿屋ハートセンターでの抗凝固療法 処方割合(%)
2012年にワーファリンを処方している方は240名でしたが6年後の2018年2月には79名と激減していました。

最も多く処方していたのはApixaban エリキュースで115名の方に対してでした。次いでEdoxaban リクシアナで64名の方に対してです。31名の方に処方しているRivaroxaban イグザレルトはAFIRE studyに登録した方です。わずか2名のDabigatran プラザキサ処方の患者さんは新規抗凝固薬が使えるようになった初期の方で消化器症状もなく若く腎機能の良かった方で変える必要もないかと考え残っている方です。

2012年の100%処方から2018年2月ではWarfarinの処方率は27%に激減です。Trombin阻害剤、Xa阻害剤を併せた処方率は73%です。時代が変わったと感じます。

毎年、2月に私が見直していること知っている事務職員がなにもリクエストしていないのにこのデータを作って持ってきてくれました。事務職員までもが診療の質を気にかけてくれていることをうれしく思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿